« ダンスの授業 | トップページ | 騒音 »

2010年5月 5日 (水)

朝のお祈り

Photo タンゴール・バーリカ校3日目です。今日は、朝学校に行くと全校生徒がグラウンドに集まっていました。全体でお祈りをするようで、僧侶も来ています。スリランカは宗教が生活の中に染みついていて、このように全体でお祈りをしなくても、日本の学校での朝の会のように必ずお祈りの時間が設けられています。ムスリムの生徒もいるようですが、それでも仏教のお祈りに一緒に混ざっています。今日は、特別で長い時間お祈りをしていました。そのために、1時間目はなくなります。ニルワラカレッジじゃなくても、同じなんですね。英語でする授業がその1時間目しかなかった学生の授業は見られませんでした。おおらかなのか、無責任なのか、日本で授業時間数の確保と言っているのと比べると全く対照的です。

« ダンスの授業 | トップページ | 騒音 »

コメント

いつも不思議に思うんですが、仏教のお祈りの際、他宗教の生徒さんたちは何しているんですか?宗教を理由に差別とかいじめとかありませんか?
仏教系の老人ホームにキリスト教徒がダーネに来たりします。フレキシブルなんだかいい加減なんだかよくわかりません。

MASAさん、コメントありがとうございます。
手を合わせているかどうかまでは確認していないのですが、ムスリムの人もその場に一緒にいます。
宗教を理由にした差別、いじめは見られません。普通に一緒にいます。スリランカ人は、すぐお前の宗教なんだと聞いてきますが、他宗教に対しておおらかだという気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダンスの授業 | トップページ | 騒音 »

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク集

無料ブログはココログ