« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

津波

Photo 昨日の夜に突然、明日は学校に残ってくれと言われ、教育実習には行かず学校に残りました。すると、今日はその言った先生の授業をそっくり担当するように言われ、何か理不尽な思いもありましたが、学校に残っている2年生の授業に出ました。といっても、何も準備をしていないのでどうしようかと迷いましたが、日本での授業で見せたことのある2004年のスマトラ沖地震の津波についてのビデオを見せることにしました。日本語なので、見ている方も大変だとは思うのですが、津波の恐ろしさは伝わったと思います。日本で見たときには、スリランカに来るとは考えてもいなかったので全く印象に残ってませんでしたが、ゴールのバススタンドが津波に襲われているビデオがあり驚きました。見慣れている景色なので、恐ろしさが一層伝わってきました。学生たちも同じだったのではないでしょうか。興味を持って、見てくれていたと思います。改めてスリランカが津波被害にあったということが自分でも実感できました。

2010年6月29日 (火)

まだあるウェサックランタン

Photo 今日もゴールのマヒンダカレッジへの教育実習についていきました。この教室、ウェサックランタンがまだ飾ってあります。5月の満月、ウェサックポーヤが過ぎ、6月の満月、ポソンポーヤも過ぎたのにまだまだ健在です。どこの教室もというわけではなかったので、担任の先生によるのかも知れません。子どもたちは、きれいだろうとやや誇らしげでした。日本では、1か月も2か月も前から飾りつけが始まり、終わったらすぐに片付けるのが普通ですが、スリランカはだいたい前日くらいに飾りつけが始まり、終わった後1、2か月はそのままです。まあ、これも文化の違いなんでしょうね。

2010年6月28日 (月)

オオトカゲ

Photo 今日からまたブロックテーチィング(教育実習)です。朝6時出発で、早朝からゲートに向かうと、いました巨大トカゲ。全長2.5m位あります。一見するとワニのようです。配属されて初日に見たものも、多分これでしょう。通路に堂々といましたが、追いかけたら逃げてしまい、うまく写真が撮れませんでした。暗く写ったのを画像調整してます。このオオトカゲは、シンハラ語でカバラゴヤといって、おそらくミズオオトカゲ別名サルバトールモニターというもののようです。
 これとは別のもう少し小さいものはもっと頻繁に見かけるもので、シンハラ語でタラゴヤといいます。いままで、イグアナと書いていましたが、実のところイグアナとは違って、日本語でベンガルオオトカゲと言われるもののようです。たぶん。専門家でないのでわかりません。スリランカにはイグアナはいないそうです。でも、シンハラ語のタラゴヤを辞書で引くと英語でiguanaって書いてあるんですよね。シンハラ語のカトゥッサはカメレオンでいいようです。生物は同定が難しいです。

2010年6月27日 (日)

日本人が話すのは・・・

Photo マータラにあるフードシティ(スーパーマーケット)は、昔の建物を利用しているようでスーパーマーケットらしくない外観です。隙間に合わせた看板は、遠慮しているのか自己主張しているのか、どっちなんでしょう。スリランカでは、スーパーマーケットに入るときは手荷物を預けるのが普通です。その係のおばちゃんから、韓国人かと聞かれたので、日本人と答えました。ここまではよくあることなのですが、その次の質問がなんと、「フランス語を話すのか?」 なぜ、フランス語なのでしょう。日本とフランスの区別がつかないのでしょうかね。その後、マータラ市内でフランス語教室の看板を見つけ、実はマータラではフランス語がブームなのかと思ってしまいましたが、どうなんでしょう。

2010年6月26日 (土)

メーター付きスリーウィール

Photo ほんとにわずかですが、料金メーター付きスリーウィールが存在します。料金交渉が必要なく、メーターの値段で支払うことができるので便利です。しかも、安い。写真では METERED TAXI と書いてあります。最初見つけたときには、このスリーウィールには運転手がいなくて、この前に止まっていた普通のスリーウィールには運転手がいました。ホステルからシナモングランドホテルまで約4kmを普通の運転手は200ルピーと言ってきました。まあ、普通の値段ですが、メーター付きはもっと安いと聞いているので粘ります。さんざん粘っているとメーター付きの方の運転手を呼んでくれました。早速、乗り込みます。初乗り50ルピーで1kmくらいは50ルピーのままです。シナモングランドホテルの前で132.5ルピーでした。メーター付きスリーウィール、もっと普及して欲しいです。

2010年6月25日 (金)

日本大使館の近所

Photo_3 日本では、サッカー勝利のニュースで影が薄くなっていると思いますが、参議院選挙が始まっていますよね。在外選挙人登録をしていたので、早速日本大使館に行って投票してきました。ただ、新党乱立状態で、状況がよくわかりません。大使館の投票所には、日本中の候補者が書いてある用紙がファイルされていて、比例代表の候補者名も書いてありました。日本で不在者投票をしたときには、候補者名がわからず苦労しました(県によっては、候補者名簿が同封されているところもあるようです)が、それに比べれば便利でした。大使館はハイセキュリティーゾーンなので写真は自粛しました。代わりに、大使館の近くにあった建物です。Buddist TVと書いてありました。仏教関係の放送局でしょうか。詳しくはわかりません。今日はポーヤディだからか、お参りをしている人たちがたくさんいました。お寺にもなっているようでした。でも、あまり見かけない形式の建物です。

2010年6月24日 (木)

ホットパック

Photo ゴールにあるホットパックというお店は、ピザハットを連想させるロゴ、ケンタッキーを連想させる、おじさんマーク、ガラスにはディズニーキャラクターやスパイダーマンなどぱくりが満載です。隊員の中でも、いつか行ってみないとねと話題だったんですが、ようやく行ってみました。普通のハンバーガーセットを注文したのですが、意外にもおいしかったです。コロンボのマクドナルドよりもいいかも。食べなかったのですが、チキンの唐揚げがとてもおいしそうでした。店内もきれいで、スリランカ食はもういいと思ったときにいいかもしれません。

2010年6月23日 (水)

草刈りおじさん

Photo 季候のよいスリランカ。草はどんどん伸びます。きれいに保つには、絶えず草刈りをしなければなりません。今日も、スタッフが草刈りをしていました。機械で草をカットし、山積みされています。何気ないいつもの様子ですが、ふと気づきました。長靴を履いています。草刈りでは長靴は必要ないような気もしますが、足を守るためでしょうか。
 スリランカでは、雨が降ると水があふれるところが多くあります。排水が整っていないんですね。そんな時、長靴があればいいのにと思ってましたが、あまり履いている人は見かけません。でも、こんな身近で履いている人がいたとは、ちょっとした発見でした。

2010年6月22日 (火)

離任式

Photo 退職した先生の離任式が開かれました。体育館まで学生が花道を作り、その間を退職の先生を先頭に職員が通って入場です。本人だけでなく奥さんも出席していました。式は、途中に歌もありましたが、大部分はお話で、入れ替わり立ち替わり、たくさんの人が話をしたり、詩を詠んだりしていました。シンハラ語がわからないので、正直言ってつらかったです。60歳ということだったので、スリランカも60歳定年退職というのがあるのでしょうか。未確認です。記念品として石に文字を彫ったものと、学生たちがひとりひとりメッセージを書いたものを冊子にしたものがプレゼントされていました。

2010年6月21日 (月)

プレゼンテーション

Photo 同僚の先生の授業を見学しました。実験をした結果のプレゼンテーションでした。OHPを使って発表していました。このOHPの装置は、日本製です。最初に学校が建てられたときに入っていたもののようで、私が来たときにはランプが切れていて使えなかったのですが、コロンボ市内でランプを調達してきて使えるようになりました。発表が終わってから、気づいたことを言ったのですが、言われたことに対して、なるほどと納得するよりは、今の発表の評価がどうなのか、そちらの方が気になるようです。結果より、プロセスが大事だと思うのですが、学生にとっては結果がすべてのようです。これから先生になる学生たちには、考え方の大事さを伝えたいと思うのですが、なかなか難しいです。

2010年6月20日 (日)

スリランカのバスシステム

Photo スリランカのバスはどこでも止まってくれることが多いのですが、一応停留所があり、停留所の方が止まってくれる率は高いです。どこでも止まってくれる代わりに、停留所にいても通過されてしまうこともよくあります。それで、どこが停留所なのかというと、写真のようなバスマーク標識があります。ここで待っていればいいのですが、バス時刻表というものがありません。ある程度決まっているものもあるようなのですが、毎日同じバスに乗っている人にでも聞かなければはっきりとはわかりません。しかも、突然、運休になってしまうこともあります。なんのアナウンスもないので、ただ待っているしかできません。ようやくバスが来て、乗り込みます。乗り込んでから車掌さんがどこまで行くのかを聞いてくるので行き先を言ってチケットを買います。いつも乗っているところなら大丈夫なのですが、違うところに行こうとしたとき、バス停の名前がわかりません。バス停にもなにも名前が書いていないんです。名前があるのかどうかもよくわかりません。スリランカが観光でうまくやっていくには、まずはバスシステムを利用しやすくすることが必要だと思います。写真のバスは、広告付きのバスです。てっしゅぺーパーの広告がバスの模様になっています。こういうバスもたまに走っています。

2010年6月19日 (土)

ワールドカップ観戦

Photo 日本ではワールドカップが盛り上がっていると思いますが、スリランカでは出場していないこともあってそれほどでもありません。今日の試合見ますかなどと生徒が聞いてくることがありますが、それはワールドカップではなく、クリケットの試合のことだったりします。けれども、日本人の間ではやっぱり関心の高いワールドカップ。コロンボの日本料理店「日本ばし」で特別プログラムを用意してくれて、ドリンク飲み放題の応援イベントがありました。さらに焼き鳥、お好み焼きなど日本の味が堪能できました。試合の方は、とても内容が良かったと思うのですが、結果はオランダに0-1で負けてしまい残念でした。3戦目がんばって欲しいです。

2010年6月18日 (金)

歓送迎会

Photo 20-1次隊の帰国隊員、21-4次隊の新隊員のための歓送迎会がありました。グレートウォールという中華料理店が会場です。新隊員の出し物、隊員作成の動画によるCMコンテスト、そして帰国隊員送別の出し物ととても盛りだくさんでした。スリランカでは、帰国隊員の次の隊次が送り出すというルールになっていて、20-1次隊のメンバーに対して、20-2次隊の心のこもった卒業式風の出し物が感動的でした。なぜか私が女装をして、同期隊員と組んで司会をすることになってしまいました。ご来場のみなさんには大変見苦しいものを失礼いたしました。

2010年6月17日 (木)

ホテル朝食と隊員総会

Photo_2 JICAオフィスが入っているビルで隊員総会がありました。その隊員総会のビルの近くにはシナモングランドという高級ホテルがあり、そこの1階にあるパン屋さんで朝食を食べました。スリランカらしくないおいしい、パンとドリンクが飲めます。おすすめはクリームチーズデニッシュです。今日は、昼食後もここに来て、チーズケーキを食べました。隊員総会では、帰国隊員の最終報告の後、アトランタオリンピック水泳選手で、現在ユニセフスリランカ事務所の井本直歩子さんの講演もありました。その後には、日本大使館に招かれての夕食会です。偶然スリランカ訪問中の明石康元国連事務次長のあいさつもありました。やっぱり、大物人物は声が違うなあと思いました。大使館で振る舞われた日本食と、デザートは最高でした。とても充実した一日でした。

2010年6月16日 (水)

新しいマーケット

Photo_2 コロンボ・フォート鉄道駅からペターのバススタンドまでの通りはとてもにぎやかなところです。これまでは、歩道にも簡単な屋根をつけた露店がたくさんあったのですが、規制されたのでしょうか、ほとんどなくなりました。その代わりというわけなのかわかりませんが、新しいマーケットができていました。とてもにぎわっています。いろいろなものがそろうので本当に便利です。歩道を歩いていたら、ネックレスのようなものを売りつける人が50ルピーと言いながら、しつこく声をかけてきたのがとてもうっとうしかったです。まあ、人が多いといろいろありますが、基本的にコロンボは安全ですね。

2010年6月15日 (火)

初実験

Photo 自分担当の授業で初めて実験をしてみました。ただ石を水に入れて、体積を求めるだけの簡単なものです。3年生が5月に受けていた最終試験にあったのでやってみました。とてもシンプルなのに結果はバラバラ。ちょっとした思いつきで結果を比較したのが良かったです。なぜバラバラの結果になったのか、考えさせることができました。こんな単純な実験ですが、みんな一生懸命に取り組んでいます。しかし、意見を求めると黙ってしまうんです。やっぱり英語に自信がないと言うことが大きい気がします。私の方もかなりしどろもどろで、つらかったです。まあ、まじめな学生たちなのですが、前回レポートの宿題を出したんです。それが、誰一人として提出なし。2クラスで60人くらいいるなかで一人も。なめられてるんでしょうか。最終試験問題の筆記の部分の問題で少し難しめだとは思うのですが、でも一人も出さないとはねえ。やはり授業時間外の勉強時間が少ないと思います。来週には必ず出すようにきつく言いましたが、さてどうなることでしょう。

2010年6月14日 (月)

鉄塔の利用

Photo ニルワラ教員養成大学のそばには鉄塔があります。もともと日本の援助で建てられた学校であるためか、ここに取り付けてあるアンテナを利用して、かつては日本との直接通信ができたんだそうです。しかし今は使えなくなっていて、ただの鉄塔です。この鉄塔を有効にかどうかわかりませんが利用しているのがサルです。100mくらいの高さはあると思うのですが、登って行ってます。何をしているんでしょうか。写真では小さくてわかりにくいでしょうか。2、3匹います。まるで修理をしているようです。

2010年6月13日 (日)

誕生日のお祝い

Photo うちの学校は、1年生と2年生合わせて450人くらいいるので、毎日のように誰かの誕生日です。学生たちは、よく誕生日のお祝いをしています。写真は、花や草を持ってきて、夕食の席を飾り付けしています。このあと、誕生日本人が担がれてやってきて、ここに座り、みんながハッピーバースデーを歌います。ちょっと音程が外れているのはご愛敬でしょうか。机をたたきながら大音響を出すのはいただけないです。エスカレートすると、水の掛け合いが始まります。ハッスルすると止まらなくなるのがスリランカ人。この水掛けはやめてほしいです。すこし誕生日のお祝いが落ち着いてきたと思っていたら、ここ2、3日また激しくなっています。6月生まれが多いのでしょうか。

2010年6月12日 (土)

長い帰り道とデニヤーヤのパン

Photo_6 サバラガムワ大学からニルワラ教員養成大学はかなり遠いです。どうせ遠いなら普段通れない道をチャレンジしてみようと思い、ペルマドゥッラからデニヤーヤへ抜ける道を通ってみました。山道でゆっくりとしか走れないため、時間がかかるので普通は遠回りをするところです。ペルマドゥッラからデニヤーヤまでのおよそ75km、途中2回の休憩が入り、4時間半かかりました。コロンボ、マータラ間160kmが4時間と比較すればいかに遅いかがわかるでしょう。しかし、とても景色のいいところがいくつもありました。残念ながらバスが混雑していたので写真はありません。
 デニヤーヤでちょうどお昼だったので、パンを買いました。何度も紹介しているデニヤーヤ隊員から教えてもらったのですが、写真のように一見して普通のカデー(お店)です。しかし、ここのキブラバニスはJICAのスリランカ人スタッフに、いままで食べた中で一番おいしいと言わしめました。キブラというのはシンハラ語でワニのことで、ワニのように長くなっているパンです。残念ながら今日は焼きたてでなかったので、前回ほどではありませんでしたが、デニヤーヤに来たらここはおすすめです。
 デニヤーヤからはちょうどカタラガマ行きのバスが出るところでした。このデニヤーヤカタラガマバスは唯一、ニルワラ教員養成大学の前を通る長距離バスです。一日一往復しかありませんが、乗り換えなしで便利です。初めて乗ってみました。およそ50km、1時間半で着きました。サバラガムワ大学を出て、ちょうど10時間でたどり着きました。ブログもまとめて更新です。
 今日の話題はスリランカの地名がわからないと訳がわからないですね。すみません。

2010年6月11日 (金)

サバラガムワ大学

Photo_5 ソーシャルキャンプは終了したのですが、学校へは戻らず私一人で分かれ、その足で先輩隊員の任地サバラガムワ大学を訪問しました。一部ではスリランカのスイスと言われていて一度は行ってみたいと思っていたところです。写真のような雄大な山が見え、高地なので気候も涼しく、言われてみればスイスなのかもと感じることができました。私はスイスに行ったことはありませんが。下に写っているのはオープンステージでカップルが椅子と机を出して勉強していました。この大学は至る所に木があってとても環境のいいところですが、カップルも至る所で見られました。
 先輩隊員の職種は日本語教師で授業も見せてもらいました。1年生だったのですが、ある程度日本語を勉強して入学してくるようで、普通に話せるくらいの力があります。先輩隊員以外にも日本人の先生がいたり、スリランカ人の先生も日本語が堪能なのでとてもリラックスできました。スリランカ人の先生は本当に日本語がペラペラなので、最初日本人なのかと思ってしまい、シンハラ語上手ですねと言ってしまったくらいです。また、機会があれば来てみたいと思いました。

2010年6月10日 (木)

タラパ

Photo_4 ソーシャルキャンプ最終日。生徒たちも一緒に清掃活動が中心でした。近くで活動している先輩隊員も見に来てくれました。最後は、この学校の先生も一緒に特別料理が振る舞われました。そこに出てきたのが、タラパという食べ物。写真の茶色のものです。写真ではよく分かりませんが、クラッカンピティという粉からつくったもので、日本のそばがきに似ています。スリランカにはハラパというお菓子がありますが、甘くないハラパのようなものです。先輩隊員も一緒に食べました。
 食事とは別に生徒たちは、今日もまたウッドアップル、パパイヤなどたくさんの果物をくれました。珍しかったのは、マーカランバという実です。一見してらっきょうのような感じで酸味がありました。この3日間の生活でだいぶ果物に詳しくなった気がします。まさにThe協力隊という感じの生活でしたが、とてもいい経験になりました。

2010年6月 9日 (水)

給食

Photo_3 ソーシャルキャンプ2日目。この学校には給食がありました。朝礼が終わった後、みんなでご飯を食べます。これまでいくつかの学校を訪問しましたが、給食のある学校は初めてです。聞いてみると、貧しい学校には政府が給食を提供しているんだそうです。地域の人が料理をして持ってきてくれています。みんなおいしそうに食べていました。私たちの食事は、学生が持ってきた食材を調理して提供してくれます。普段の学食の食事よりも豪華なものが食べられました。
 今日も生徒たちはいろいろな果物をくれました。パッション、ウッドアップル、タマリンドなどたくさんたべました。生徒たちからシンハラ語の歌を習いました。金色の蝶という題名の子どもの歌です。夜には地域の人も招いたキャンプファイヤーが行われ、私も生徒から習った歌を披露して好評でした。

2010年6月 8日 (火)

貧しい家

Photo ソーシャルキャンプ第一日目。タナマルウィラというところにある田舎の学校4つに分かれていきました。私が行ったのは、ニッカウェワ・ジュニア・スクールというところです。ジュニアスクールというのは1年生から8年生までの生徒がいます。それでも生徒総数は五十数名という小さな学校です。ソーシャルキャンプでは3日間学校に滞在し、学校の環境整備や地域住民へのインタビューなどを行います。設備のそろっていない学校で、いろんな社会の協力を取り付けながら、学校をより良くしていくことができるようになるための訓練だそうです。この学校は、水道がなく、敷地内に井戸があるだけでした。しかも、その井戸水は鉄分が多く、飲料には適しません。飲料水として他の井戸からくんできた水をタンクに入れて利用しているような学校です。
 午前中は、学生たちが地域の住民へインタビューに行くのについていきました。この辺はドライゾーンでどの家も水の確保に苦労しているようです。大変貧しい家が多くありました。写真はそのうちの一つですが、この家は泥というか土でできています。全部がこのような家ばかりではありませんが、貧しさの一端を見た気がします。でも、村の人たちは親切で、いろいろな果物をくれます。このうちの人はベリをくれました。緑色をしていますが、ウッドアップルと似たような感じのものです。酸味がありおいしかったです。

2010年6月 7日 (月)

行事の多いスリランカ

Photo 1、2時間目は普通に授業をしていたんですが、その後から、2年生は明日からのソーシャルキャンプに備えて、準備をする時間になりました。歌の練習やダンスの練習、教材を作ったり余念がありません。とにかくスリランカは行事が多いという気がします。普通の授業をしている時間の方が少ないかも知れません。それで、明日からは地方の学校に泊まり込みのソーシャルキャンプです。飲み水もないといっているので相当過酷かも知れません。当然、ネットにもアクセスできないと思われるので、後日まとめて更新します。

2010年6月 6日 (日)

ウナワトゥナビーチ

Photo_2 3か月に1度くらいの割合で開かれている南の会。有志隊員が南に集まってのんびりしようという会です。帰国隊員の慰労もかねて開かれました。今回の会場はウナワトゥナにあるコモランビーチホテルです。海岸には面していないのですが、3階や屋上からの眺めがいいです。絵はがきにもなっているウナワトゥナの景色が堪能できます。ホテルもきれいで、全部の部屋からバルコニーにつながっていて、そこでくつろぐこともできました。今の時期、南西海岸はシーズンオフなのでホテルは貸し切り状態です。常夏なのにシーズンオフとは何だろうかと思うかも知れませんが、4月から10月ぐらいは、波が高く、水も濁っているので泳いだりサーフィンをするには適していないのです。そのかわり、東海岸がこの時期はシーズンです。JICAの安全方針が改正され、6月から東側にも行けるようになりました。とてもきれいなビーチがあるそうなのでそのうち行ってみたいです。

2010年6月 5日 (土)

バレーボールの試合

Photo マータラのナワロカパビリオンというところで、バレーボールの試合があると聞いて見にいってきました。試合であり、パビリオンという名前から体育館だと思っていたのですが、行ってみたらグラウンドでした。聞いてみると、体育館でやるのは全国大会の決勝戦ぐらいなんだそうです。風も強く、ボールが流されていてとてもやりにくそうでした。何度か見にいっているデニヤーヤのチームは圧倒的な強さで勝ちました。きちんと練習しているデニヤーヤチームと相手チームの差が大きすぎました。全国大会でも1、2回戦はきちんとトレーニングされていないチームが出てくるんだそうです。参加することに意義があるのでしょうか。スリランカの国技なんだからがんばって欲しいものです。

2010年6月 4日 (金)

環境プログラム

Photo 全然知らなかったのですが、6月5日は「世界環境デー」なのだそうです。調べたところによると日本とセネガルの共同提案により国連で定められているそうです(ウィキペディアより)。日本では「環境基本法」により、「環境の日」と定められていて、6月の一か月間を「環境月間」としているそうです(環境省ホームページより)。ニルワラ教員養成大学でも環境プログラムと題して、特別行事が行われました。外部ゲストの話や、環境に関する劇がありました。シンハラ語が理解できなかったのが残念です。最後には、植樹があり私も一つ植えさせてもらいました。私が植えたのはランブータンらしいです。とてもおいしい果物なので、実をつけるのが楽しみです。

2010年6月 3日 (木)

企画会議

Photo 来週、2年生は3日間学校を訪問して、その学校に宿泊し、いろいろな活動を行うというソーシャルキャンプという行事があります。どんなことをするのか、私自身もまだよく分からないのですが、学校の壁に絵を描いたりして環境整備をするということなども過去にはやっていたようです。訪問する学生たちは、ダンスや劇などを披露するらしく、そのための話し合いや練習が放課後に行われてました。写真は、劇をするというグループで黒板の絵が劇に関係するのかよく分かりませんが、楽しそうに話し合っていました。ソーシャルキャンプでは、食事なども学生が作るらしく、どんな3日間になるのか、ドキドキです。

2010年6月 2日 (水)

ティーチングプラクティス

Photo 体育館でのメインアセンブリ(全体朝礼)が終わって戻ってくると、教員養成ではない学校の子どもたちがいます。何があるのかを聞いたところ、1年生の代表が授業をするために近くの学校から子どもたちに来てもらったんだそうです。私の見た授業では、生徒20人くらいに対して、学生たちが100人くらい、教師が5人くらいで見学です。こんな環境の中でも子どもたちは普通に授業を受けてました。慣れているんでしょうか。日本では子どもたちが緊張してしまうんじゃないかと思います。まったく、後ろに控えている見学者が気にならないようでした。
 理科と数学の授業を見た後、全体で授業について議論します。この時は、学生からの意見がなかなか発表されず、先生たちは少しいらついていました。しかし、100人もの前で発表するんだから、萎縮するのも当然という気がします。なんとか、数人の学生が気づいたことを言っていましたが、よく見ているなあと思いました。その後の先生のコメントも的を射ていて、改めて教員養成として、きちんと授業しているんだなあと感じました。でも、実際の学校では先生が話すだけの授業が多く、このギャップは何が原因なのか疑問です。

2010年6月 1日 (火)

勤務時間変更

Photo 6月になりました。日本では衣替えでしょうか。こちらは気温の変化が大きくないのでいつも同じです。ただ、今回、勤務時間が変更になりました。今まで、8時から15時30分だったのが、7時45分から15時45分です。なぜ変わるのか聞いたところ、勤務時間8時間を確保するためだとか。それによって授業時間も変わりました。
 朝の集会 7:45~
 1時間目 8:00~8:55
 2時間目 8:55~9:50
 ティーブレーク
 3時間目 10:10~11:05
 4時間目 11:05~12:00
 ランチブレーク
 5時間目 13:00~13:55
 6時間目 13:55~14:50
 7時間目 14:50~15:45
という具合です。これまでの50分授業が55分になりました。私としては55分授業にするよりも50分にして5分のインターバルをつける方がいいと思うんですが・・・。朝の集会が7:45からですが、学生たちはなかなか出てこず、朝の集会が始まったのが8:00。この遅れた時間を利用して、校歌と国歌の伴奏練習をしていました。そして、朝の会では久しぶりに、バンド伴奏が行われました。結局、1時間目開始は、8:25くらいでした。でも、終了時刻はみんなきちんと守ります。55分に伸びた意味がないですよね。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク集

無料ブログはココログ