« 行事の多いスリランカ | トップページ | 給食 »

2010年6月 8日 (火)

貧しい家

Photo ソーシャルキャンプ第一日目。タナマルウィラというところにある田舎の学校4つに分かれていきました。私が行ったのは、ニッカウェワ・ジュニア・スクールというところです。ジュニアスクールというのは1年生から8年生までの生徒がいます。それでも生徒総数は五十数名という小さな学校です。ソーシャルキャンプでは3日間学校に滞在し、学校の環境整備や地域住民へのインタビューなどを行います。設備のそろっていない学校で、いろんな社会の協力を取り付けながら、学校をより良くしていくことができるようになるための訓練だそうです。この学校は、水道がなく、敷地内に井戸があるだけでした。しかも、その井戸水は鉄分が多く、飲料には適しません。飲料水として他の井戸からくんできた水をタンクに入れて利用しているような学校です。
 午前中は、学生たちが地域の住民へインタビューに行くのについていきました。この辺はドライゾーンでどの家も水の確保に苦労しているようです。大変貧しい家が多くありました。写真はそのうちの一つですが、この家は泥というか土でできています。全部がこのような家ばかりではありませんが、貧しさの一端を見た気がします。でも、村の人たちは親切で、いろいろな果物をくれます。このうちの人はベリをくれました。緑色をしていますが、ウッドアップルと似たような感じのものです。酸味がありおいしかったです。

« 行事の多いスリランカ | トップページ | 給食 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 行事の多いスリランカ | トップページ | 給食 »

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク集

無料ブログはココログ