« ゴミ拾い | トップページ | カデット »

2010年8月 8日 (日)

街のゴミ

Photo スリランカに来た人はみんな町が汚いといいます。日本に一時帰国して帰ってくると本当にそう思うらしいです。タイに任国外旅行に行って帰ってきた人も、スリランカのゴミの多さにうんざりするそうです。昨日、ゴミ拾い活動をした翌日だけに外国に行ってないにもかかわらず、やっぱり汚いと思いました。写真は、とある路上の光景です。この場所だけがこういう状況なのではなく、街のいたるところがこのような状況なんです。スリランカは果物がおいしく、今はランブータンがあちらこちらで売っています。このランブータンは皮をむいて食べます。食べた後には種が残ります。皮と種はどうするかというと、そのままポイっと捨てるんですね。ゴミ箱がとても少ないので、処理に困るという現実もありますが、ポイ捨てに対する罪悪感はまったくありません。バスに乗れば、どんなものでも窓からポイ捨てです。途上国を推し量る指標として街の中のゴミの量というのは、とてもいいかもしれません。もしかして、公式に採用されてますか?

« ゴミ拾い | トップページ | カデット »

コメント

うむ、確かに!トンガもゴミだらけです。割れたビンや潰れてささくれの出た缶も平気で捨てていて、裸足で歩いている子どもは危ないんですけど、不思議と怪我しないようです。

ゴミの量ってどうやって測りましょうかねぇ。雨と違って同じ街でも場所によって違いますもんねぇ・・・。人口が多ければゴミも多くなるでしょうし・・・Etsu博士の力の見せ所です!

山ネコtorojiroさん、ありがとうございます。
毎日、ゴミ拾い活動をしてその量を測ったら
いいんじゃないでしょうか。
場所の違いも含めてデータになると思います。

web上で
「統計的分析によると、ゴミ有無の指数と犯罪発生率に相関関係にある ことは残念ながら否定することはできません。」
という記述を見かけました。
真偽はわかりませんが、見た目以上の問題が
あるのかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴミ拾い | トップページ | カデット »

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク集

無料ブログはココログ