« 水中での様子 | トップページ | 酸と金属の実験 »

2011年2月20日 (日)

携帯電話事情

Photo コロンボから帰るときは必ずアクレッサのバススタンドで乗り換えます。アクレッサは小さい町なのですが、いろいろなところへつながる道の分岐点にあるため、様々な行き先へのバスが止まっています。たぶん10か所以上はあると思います。そのバスが並んでいる奥にアンテナが見えます。おそらく携帯電話のアンテナです。スリランカでは携帯電話がものすごく普及していて、たぶん固定電話よりも携帯電話の普及率の方が高いと思われます。携帯電話会社はDialog、Mobitel、Etisalat、Huch、Airtellの5つで、DialogとMobitelが大手です。スリランカ人はマナーモードにするということがなく、学校の先生は授業中でもかかってきたら電話に出ます。ひどいのは、ステージ上で大多数に話しているときでさえ、出るんです。ある人によると電話に出ないのは裁判で判決を言い渡しているときだけだそうです。このマナーは改善して欲しいですね。

« 水中での様子 | トップページ | 酸と金属の実験 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水中での様子 | トップページ | 酸と金属の実験 »

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク集

無料ブログはココログ