« 世界遺産めぐり | トップページ | コンピュータルームでの作業 »

2011年8月11日 (木)

スリランカのテクノロジー

Photo_3 バッチトリップ3日目、ペラデニヤ、ガンノルワにある、農業技術公園とでも訳すのでしょうか、野菜をたくさん栽培しているところを見学しました。いろいろな種類の野菜があり、解説表示板もあるのでなかなか興味深く見ることができました。道路の反対側には、博物館のようなものもあり、スリランカで使われてきた農耕機具などを見ることができます。その後、ペラデニヤ植物園の予定だったのですが、雨模様ということで、仏歯寺に行きました。そして、キャンディからバドゥッラに向かう途中にある、ランデニガラダムを見学しました。ハイセキュリティゾーンで写真を撮ることはできなかったのですが、ドイツの援助で作られたそうで、しっかりしたテクノロジーが使われていると思いました。水力発電は、火力や原子力と比べれば単純な作りだと思うのですが、それでもたくさんの制御用の管やコードがあり、トラブルがあれば不具合を探すのは大変だろうと感じました。見ていて、大学院時代にいろいろ実験していたなあと思い出し、なんとなく自分自身のアイデンティティーを確認した気がします。観光で来ても見られないところなのでとても良かったです。

« 世界遺産めぐり | トップページ | コンピュータルームでの作業 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界遺産めぐり | トップページ | コンピュータルームでの作業 »

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク集

無料ブログはココログ