ウナワトゥナ

2011年6月28日 (火)

教員養成ではない教員の学校

Photo_3 怠慢に加え、ネットの不調のため、また更新をためてしまいました。毎日見てくださっている方すみません。
 ウナワトゥナのテーチャーズカレッジの前を通りました。私が所属している教員養成大学(厳密には3年制で大学ではないんですけど、JICA表記では教員養成大学となっています。英語では College of Education)は、教員になる前のトレーニングをするところなのですが、このティーチャーズカレッジは、教員になった後に研修して資格を取るところだというように聞いたことがあります。通りかかったときに学んでいる人たちが見えたのですが、教員養成大学と同じように女性は白いサリーで、男性は白ワイシャツに黒ズボンという格好をしているのが見えました。前に、ブロックティーチング(教育実習)の視察に行ったときに、このティーチャーズカレッジの方が同じように実習をしているのを見たことがあります。やっぱり白サリーでした。研修中ということをはっきり表すのが白い服なのでしょうか。

2010年6月 6日 (日)

ウナワトゥナビーチ

Photo_2 3か月に1度くらいの割合で開かれている南の会。有志隊員が南に集まってのんびりしようという会です。帰国隊員の慰労もかねて開かれました。今回の会場はウナワトゥナにあるコモランビーチホテルです。海岸には面していないのですが、3階や屋上からの眺めがいいです。絵はがきにもなっているウナワトゥナの景色が堪能できます。ホテルもきれいで、全部の部屋からバルコニーにつながっていて、そこでくつろぐこともできました。今の時期、南西海岸はシーズンオフなのでホテルは貸し切り状態です。常夏なのにシーズンオフとは何だろうかと思うかも知れませんが、4月から10月ぐらいは、波が高く、水も濁っているので泳いだりサーフィンをするには適していないのです。そのかわり、東海岸がこの時期はシーズンです。JICAの安全方針が改正され、6月から東側にも行けるようになりました。とてもきれいなビーチがあるそうなのでそのうち行ってみたいです。

2010年1月31日 (日)

楽器屋さん

Photo_6 日本にいたときは、市民オーケストラに所属して、ヴィオラを弾いていました。ヴィオラというのは、ヴァイオリンと似ていて、少しだけ低い音が出る楽器です。スリランカに来るときに、持って行こうと思い、飛行機の重量制限、客室内持ち込み制限など数々の傷害を乗り越え、スリランカに持ってきていました。しかし、スリランカの湿気が悪かったのか、壊れてしまいました。スリランカでは意外にもヴァイオリンを習っている人がいるようで、楽器屋さんでもヴァイオリンが並んでいます。ちょっと不安も感じましたが、せっかく持ってきたので修理することにしました。途中、うまく直っていなくて、やり直しをするなど紆余曲折がありました。そしてほぼ1か月後、修理が終了したので、取りに行きました。無事に復活していました。ちょっと、前の音とは違う感じになっていましたが、まあOKです。時間を持てあましたときなど練習し、日本に帰るときには少しは上達してるといいなあ。

2009年12月25日 (金)

津波犠牲者追悼行事

Photo_3 12月26日は、2004年に津波がスリランカ南部にやってきて膨大な被害をもたらした日です。今年はそれから5年目に当たります。津波や犠牲者のことを忘れないように、毎年灯籠流しが行われています。スリランカで行われるこの日本的な行事を主催しているのが、ゴールにある日本語学校とウナワトゥナにある日本寺です。ウナワトゥナの日本寺近くの学校を会場にし、3時頃からの開会式に続いて、津波を題材とした劇が披露されました。見てその完成度の高さに驚きました。登場人物は、子どもとおじいさん、ダンスを踊る4人、舞台裏で歌を歌い、演奏をするなどの総勢8人程度でしたが、その演技力、構成のすばらしさに感動しました。ただ、シンハラ語が分からないのでストーリーを完全に追えなかったのが残念でした。会場には、日本の文化を紹介する掲示がされ、七夕飾りや、けん玉なども準備されました。ほとんどがスリランカ人により準備されていました。夕方暗くなってから、ゴールに移動して川に灯籠を流しました。日本でも灯籠を実際に流した経験がなく、スリランカで初めての体験というのが奇妙な感じですが、犠牲者の冥福を心から祈りたいと思います。

2009年12月 5日 (土)

シュノーケリング

Photo_3 観光面でのスリランカを満喫した一日でした。たくさんのトピックスがあるのですが、厳選して午前中のことについて書きます。ゴールからすぐ近くのウナワトゥナというところにあるゲストハウスに昨夜泊まりました。ここは、スリランカ自慢の南海岸リゾートです。朝起きたら、ものすごく良い天気でした。海の見える食堂で、遠くまで泳いでいくおじいちゃんを見ながら普段とは違う充実した朝食を食べました。そして、シュノーケリングをしました。モーターボートに乗って、沖合まで出てから潜ります。残念ながら、ゴーグルをかけるには眼鏡を外さなければならず、コンタクトレンズを持っていない私は、美しさを100%堪能できてませんが、とても透明度が高く、きれいな魚、珊瑚もたくさんありました。写真の手前で、黄色とオレンジ色のパイプを水面に出しているのが私です。30分程度でしたが、普段と違う呼吸に慣れず、大分疲れました。でもとても良かったです。2、3回程度潜水にも挑戦しましたが、20秒くらいしか持ちませんね。もっと修行して自由に潜れるようになりたいなあと思いました。

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク集

無料ブログはココログ