ネゴンボ

2011年9月27日 (火)

最後の同期旅行

Photo_2 いよいよ帰国です。最後は同期旅行をすることにしました。ニゴンボ方面へ旅行をしてそのまま空港へ向かいました。午後にいったのが、ジャエラにあるグルゲネイチャーパークです。つっこみどころ満載ということだけの情報で行ってみたのですが、これがおもしろすぎ。腹を抱えて笑いました。スリランカに2年暮らして風習とかしっているから笑えるのかも知れません。最後の同機旅行で行ったのは大正解。後輩隊員のみなさん、ぜひ帰国前に同期で行ってみるのがいいと思いますよ。


2011年4月26日 (火)

地域学習センター

Photo ネゴンボの隊員を訪問してきました。ヤーワジーワ地域学習センターというところでコンピュータを教えていました。ここは、学校に行けない子どもたちが勉強に来る場所になっています。なぜ学校に行けないのか、日本での不登校のようなものとは違い、貧しいというのが主な理由です。学校は無償で、制服も1着は支給されます。それなのに学校に行けないのはどうしてかと疑問に思うのですが、その他の出費、ペンとかノートとか、替えの制服とかそういうちょっとしたお金が払えないため行けないのだそうです。家がなく道路で寝ている子どももいるそうです。学校就学前の子どもたちを見ているスペースもありました。状況的にはとても厳しい生活をしている子どもたちだとおものですが、どの子どもも明るく元気に動き回っていました。

2009年12月12日 (土)

よさこいソーラン

Photo スリランカの国際空港からちょっと北のところにネゴンボというリゾート地があります。ちょうど今フェスティバルの期間で、協力隊メンバーでよさこいソーランを踊ろうという企画があり、参加してきました。ネゴンボは、スリランカの中でもクリスチャンが多く住んでいるそうで、クリスマスに向けてきれいな飾り付け、ライトアップされていました。ビーチには、特設ステージが設営され、準備は万全と思いきや、やはりスリランカ。始め予定していたステージの方で今日出演するグループがキャンセルになったらしく、私たちが会場に着いたときには、撤収作業を始めていました。コロンボから1時間以上かけて来たのに、このまま踊らず帰れません。途中夕食を食べたりしながら、待つこと4時間、ようやく出演出番が来ました。なぜか、3回連続で踊りました。最初はほとんど観客のいなかったステージ前も、2回目、3回目となるにつれて、観客が増え、3回目の時にはテレビカメラによる撮影もあったらしいです。全体でなにかを作り上げるというのはいいですね。たくさん待ちましたが、とても充実したステージでした。

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク集

無料ブログはココログ