スーリヤウェワ

2010年8月19日 (木)

バナナペーパーパック

Photo バナナペーパーで紙パックを作っている隊員の案内で作っている工場を見学に行きました。スーリヤウェワにありました。バナナペーパーといっても、どこの部分を使っているかわかりませんでした。皮ではありません。葉っぱでもありません。バナナの幹の部分の表皮を使っているんです。古くなったものを取って、煮出して柔らかくします。このまま、バナナの皮だけを使った100%バナナペーパーもできますが、強度を考えて、50%古紙を混ぜたものも作っています。残念ながら、紙を作る工程はストップしていて見られませんでしたが、紙からパックを作る工程は目の前で見せてもらいました。てきぱきと動き、あっという間にきれいなパックができました。このパックはコロンボのランカハンズなどで売っています。ぜひ実物をご覧ください。

2010年4月13日 (火)

穴場の展望台

Photo_4  旅行2日目は、隊員の任地、スーリヤウェワを訪問しました。ここは温泉があるところで前にも来たことがありますが、さすが隊員は地元のスポットをよく知っています。温泉の近くにちょっとした丘があり、その上にお寺があるところを紹介してくれました。ガイドブックにも載っていない穴場中の穴場ですが、この頂上からみる景色は絶景でした。360度の視界が開け、本当にスリランカは自然が豊かなんだと改めて感じることができました。その後、もちろん温泉に入ります。湯につかることができず、お湯を掛け流すだけですが、やっぱり温泉はいいです。どんなに天気が暑くても温泉で汗を流せばすっきりするから不思議です。

2010年1月 9日 (土)

スリランカの温泉

Photo_2 ここスリランカにも温泉があります。スリランカ南東部エムビリピティヤ近くのスーリヤウェワというところにあります。自然に湧いている温泉で、塩辛く、硫黄のにおいも少しします。以前は、自由に温泉のところに行けたそうなんですが、現在は整備されていて、入場料を払わなければなりません。外国人100ルピー、スリランカ在住者20ルピーです。湯温は44℃で結構、温かいです。ただ、スリランカには湯につかるという文化がないので、浴槽はありません。貯まっているところから、桶ですくい取り、ひたすら体にかけ流します。やはり、日本人としては湯につかりたいところです。スリランカの人にも湯につかることを教えたら、気に入ってみんな入るような気がするんですが、どうでしょうか。

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク集

無料ブログはココログ