デニヤーヤ

2011年9月 2日 (金)

教室での練習

Photo_3 先日優勝したバレーボールチームの学校にバレーボール隊員と行ってきました。あいにくの雨でグラウンドが水びたしになっていたため、学校の教室で練習していました。天井が低く、柱もある教室での練習は難しいです。それでも、壁を使ったりしながら、楽しそうに練習していました。こんな環境で練習しながら全国優勝ということにあらためてすごいと思いました。グラウンドと校舎のわきには大きなボードが設置され、壁を使っての練習ができるようにもなっていました。いろいろなものが不足しながらもさまざまな工夫を凝らしているそんな点が全国優勝につながったのだと思います。

2010年9月 7日 (火)

シンハラージャ森林保護区

Photo シンハラージャ森林保護区に行ってきました。もともとは理科専攻の学生で行くという話を聞いていたのですが、いつの間にか2年生全員で行くことになってました。総勢約240名です。ここもスリランカに8つある世界遺産の一つなのですが、World heritageという文字はあるものの世界遺産マークを見つけることはできませんでした。今回デニヤーヤ側の入り口から入ったのですが、ラトゥナプラ側などいくつか入り口があるので別のところにはあるのかもしれません。たくさんの固有の動植物がいるらしいのですが、なかなかわかりません。カメレオンとカタツムリ、イタチのような動物ぐらいが印象に残ってます。それも、自分から見つけるのではなくて、ガイドさんから指摘されて初めて気づくという感じです。最終的にケクナエッラという滝まで行きました。ここまで行く途中、川を渡るところがあって、股下ぐらいまで水につかります。全然聞いてないよと思ったのですが、学生たちは気にせず川に入って行くところがスリランカ。世界遺産を見に行ったというよりは、ハイキングでした。

2010年6月12日 (土)

長い帰り道とデニヤーヤのパン

Photo_6 サバラガムワ大学からニルワラ教員養成大学はかなり遠いです。どうせ遠いなら普段通れない道をチャレンジしてみようと思い、ペルマドゥッラからデニヤーヤへ抜ける道を通ってみました。山道でゆっくりとしか走れないため、時間がかかるので普通は遠回りをするところです。ペルマドゥッラからデニヤーヤまでのおよそ75km、途中2回の休憩が入り、4時間半かかりました。コロンボ、マータラ間160kmが4時間と比較すればいかに遅いかがわかるでしょう。しかし、とても景色のいいところがいくつもありました。残念ながらバスが混雑していたので写真はありません。
 デニヤーヤでちょうどお昼だったので、パンを買いました。何度も紹介しているデニヤーヤ隊員から教えてもらったのですが、写真のように一見して普通のカデー(お店)です。しかし、ここのキブラバニスはJICAのスリランカ人スタッフに、いままで食べた中で一番おいしいと言わしめました。キブラというのはシンハラ語でワニのことで、ワニのように長くなっているパンです。残念ながら今日は焼きたてでなかったので、前回ほどではありませんでしたが、デニヤーヤに来たらここはおすすめです。
 デニヤーヤからはちょうどカタラガマ行きのバスが出るところでした。このデニヤーヤカタラガマバスは唯一、ニルワラ教員養成大学の前を通る長距離バスです。一日一往復しかありませんが、乗り換えなしで便利です。初めて乗ってみました。およそ50km、1時間半で着きました。サバラガムワ大学を出て、ちょうど10時間でたどり着きました。ブログもまとめて更新です。
 今日の話題はスリランカの地名がわからないと訳がわからないですね。すみません。

2010年5月26日 (水)

ウェサックランタンづくり

Photo 昨日、うちの任地に来た調整員が今日は、おととい記事に書いたバレーボール隊員の任地デニヤーヤに行くというので、一緒に連れて行ってもらいました。学校の授業風景が見られるかと思いましたが、明日のウェサックに向けて、授業ではなく提灯づくりをしていました。ウェサックランタンと呼ばれるこの提灯は、写真で見るように特徴的な形をしています。これが町のあちこちに飾られてきれいに見えるそうです。
 前回、デニヤーヤを訪問してから2か月以上経っているんですが、前にあった子どもたちは私のことを覚えていてくれました。嬉しいですねえ。このバレーボール隊員は、日本の歌を子どもたちに教えていて、「ガッツだぜ!」、「それが大事」を子どもたちが歌ってくれました。(詳しくはブログ参照)日本語や日本の文化を教えるってとてもいいなあと思いました。

2010年3月13日 (土)

バレーボールの練習

Photo_3 アクレッサから、さらに奥にバスで2時間。デニヤーヤのバレーボール隊員のところへ行ってきました。自然豊かなところで、周りには紅茶農園がたくさんあるところでした。バレーボール隊員は、そんな環境にある学校でバレーボールを教えています。練習に来ていた生徒は7人と多くはないのですが、とても元気で明るい生徒たちでした。練習にも一生懸命取り組んでいて、とてもいい雰囲気です。スリランカの子どもたちが苦手な、なわとびも上手に跳んでいました。バレーボールはスリランカの国技なのですが、体育館でやるような環境は少なく、外で練習する場合が多いです。これぞまさしく協力隊という環境でした。

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク集

無料ブログはココログ