ヒッカドゥワ

2011年2月19日 (土)

水中での様子

Photo ダイビング4日目。基礎的な訓練の他に、泳いで見て回りました。昨日よりも、透明度が良く、きれいに見えました。あまり数は多くなかったのですが、きれいな魚を見ることができました。砂や岩の中にコバルトブルーの魚がくっきりと見えました。今回は、カメラを持って行って、水中写真を撮ろうとしたのですが、ダイビングに集中しなさいとインストラクターに取り上げられてしまいました。けれども、我々が泳いでいる写真を取ってくれました。マスクをかぶって、泡ぶくの中にいるので、誰がだれなのかわからないと思うのですが、ある人からは、どれが私なのか一発で見分けられてしまいました。なぜ? わかりますか? これでめでたくライセンス取得。ライセンスマニアに新たなライセンスが加わりました。

2011年2月18日 (金)

深みへの挑戦

Photo ダイビング3日目。いよいよ深みへの挑戦です。12mまで潜りました。深くなるとやらなくてはいけないのが、耳抜き。外部の圧力と耳の内部の圧力を一緒にしないと耳が痛くなり、ひどい時には鼓膜が破れるそうです。頻繁にしないといけないのですが、急に深く落ち込んだり、浮き上がったりすると、うまくできず耳が痛くなりました。30分くらい潜ったあと、タンクを取り替えてもう一度15分くらい潜りました。一度に2回も潜ったのでくたくたです。それに加え、ボートがすごく揺れるのです。あまりに揺れすぎて、船の上より水に潜っていたほうが楽なくらいでした。海の中では透明度があまりよくなく、周りの人たちとはぐれるのではないかと心配になりました。明日はどうでしょうか。

2011年2月17日 (木)

初めての潜水

Photo_3 講習2日目、今日から参加する人とも一緒に海に潜りました。ウエットスーツを着て、スキューバタンクなど装着する機材の説明から入りました。講師の先生は、スリランカ人ではなく、外国人です。多分イギリス人だと思うのですが、確認してません。説明を聞いたあと、実際に装着しました。タンクを背負うと重いのです。手伝ってもらいながら装着し、海に入ります。タンクからの空気を吸いながらもぐると不思議な感じがします。思ったよりも息苦しくはなく、安心しました。海に入ってからは女性のインストラクターに教えてもらいました。途中、酸素がなくなったという想定で、他の人のタンクから酸素をもらって吸ったり、スキューバタンクからシュノーケルにくわえ直したりなど、1時間ぐらい潜ってました。水深2mくらいでしたが、初めての潜水は疲れました。明日は、船に乗って遠くの方まで行く予定です。

2011年2月16日 (水)

ダイビング講習

Photo 連休を利用して、ダイビングのライセンスを取ることにしました。隊員がたくさん利用しているヒッカドゥワのポセイドンに行きました。初日だったので、ビデオを見ながらの学習がほとんどでした。途中、シュノーケリングで10分ほど泳ぎましたが、それだけでかなり疲れました。覚えることもたくさんあるし、果たして無事にライセンスは取れるのでしょうか。ビデオで見た内容は、浮力とか、物理で教えているような内容がたくさん出てきて、こういう所に物理の学習は役に立っているのかと新鮮でした。明日はスキューバをつけて潜れるのでしょうか。楽しみと同時にドキドキです。

2010年3月14日 (日)

グラスボート

Photo_4 昨日の夜は南部の隊員を中心にヒッカドゥワに集まり、一泊しました。スリランカのビーチリゾートで外国人もたくさんいます。今日は、ダイビングのライセンスを持っている人たちはダイビングに行きました。それ以外の我々は、砂浜で、フリスビーのようなものを使ったドッジボールや棒倒しなどを楽しんだ後、グラスボートに乗りました。グラスボートというのは、船底の一部がガラスになっていて、そこから魚や珊瑚などを見ることができるようになっている船です。思っていた以上にきれいに見えました。ウミガメも見ることができました。スリランカは海もやはり自然豊かです。

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク集

無料ブログはココログ