タンゴール

2010年5月 7日 (金)

サイン攻め

Photo タンゴール・バーリカ校5日目。女子は気恥ずかしがってなかなか話しかけてこないんですが、5日目にもなるとだんだんと慣れてきて、名前を聞いてきたり、質問してきます。そんなとき、一人がサインをくれと言い出しました。それに応じたとたん、私も私もとアイドル並みのサイン攻めです。女子に囲まれてサイン攻めなんて日本では考えられません。外国人というだけで珍しがられるんですね。中には日本語を少しだけ知っている子もいて、なせか「行って参ります」を知っているんです。なぜ行って参りますなのか、誰が教えたのか、そこがちょっと疑問ですが、何回も言ってました。

2010年5月 5日 (水)

朝のお祈り

Photo タンゴール・バーリカ校3日目です。今日は、朝学校に行くと全校生徒がグラウンドに集まっていました。全体でお祈りをするようで、僧侶も来ています。スリランカは宗教が生活の中に染みついていて、このように全体でお祈りをしなくても、日本の学校での朝の会のように必ずお祈りの時間が設けられています。ムスリムの生徒もいるようですが、それでも仏教のお祈りに一緒に混ざっています。今日は、特別で長い時間お祈りをしていました。そのために、1時間目はなくなります。ニルワラカレッジじゃなくても、同じなんですね。英語でする授業がその1時間目しかなかった学生の授業は見られませんでした。おおらかなのか、無責任なのか、日本で授業時間数の確保と言っているのと比べると全く対照的です。

2010年5月 4日 (火)

ダンスの授業

Photo 今日もまた、タンゴール・バーリカ校に行きました。グラウンドでダンスの授業らしきものをしていました。教育実習は、数学と理科だけなので詳しくは分からないのですが、ダンスや音楽などを扱う芸術科というような科目があるようです。海を背景に楽しそうに踊っていました。おそらく、ある一学年全体で一緒にやっているものと思われます。服装はやっぱりスカートです。この写真の場合ははいていませんが、黒いタイツのようなものをスカートの下にはいて、行っている場合もあるようでした。

2010年5月 3日 (月)

円を探す授業

Photo
 タンゴール・バーリカ校での教育実習についていきました。学生は毎日3時間の授業をしなければならないので結構大変です。私がついて行っているのは英語で授業をするコースの学生たちですが、この学校には英語で授業をするクラスが学年一クラスしかなく、足りないので、シンハラ語で授業をするクラスにも教えています。写真は、7年生(日本の小6にあたる)の数学の授業で身の回りにある、円を探そうというものです。実習生がいろいろなものを持ってきて、生徒たちに渡し、紙に円を書き取らせています。机の上にビール缶があるのは、飲みながら授業をしているのではなくて、実習生が持ってきた空き缶です。ビール缶はふさわしくないのではと思いましたが、よく考えてみたら、スリランカで缶はあまり使っていないんですね。一番手っ取り早く手に入る缶はビール缶かも知れません。

2010年4月27日 (火)

シンハラ語の学校名

Photo 教育実習の事前打ち合わせでタンゴールの学校に行ってきました。Tangalle Balika Vidyalayaという学校です。Tangalleは地名のタンゴールで、Vidyalayaは学校を表します。シンハラ語には英語のスクールに由来しているイスコーラヤともともとのシンハラ語であるパーサルという二つの学校を表す名詞がありますが、学校名はVidyalayaです。大きいという意味のMahaをつけて、Maha Vidyalayaという名前も多いです。ただ、Maha Vidyalayaなのに、実際には小さい学校もたくさんあります。真ん中のBalikaは女子を意味します。つまり、Balika Vidyalayaは女子校です。女子校なので女性の先生がほとんどなのかと思いましたが、男性の先生もいて、割合は他の学校と同じくらいです。海沿いでグラウンドからは海が見えました。学生たちは時間割をもらって、来週から教育実習です。

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク集

無料ブログはココログ