カハワッタ

2011年9月16日 (金)

ゲスト訪問

Photo 展示会3日目。チーフゲストがわれわれの展示ブースに来るということで、3日目にして飾りつけを追加していました。廊下に積み上げられていたイスも片付けられました。そして、チーフゲストが到着したときには部屋の前でテープカットまで行われました。偉い人を大事にするスリランカらしいです。チーフゲストは教育省のだれかだったようなのですが、そのほか、各教員養成大学から校長がたくさん来ていました。後からは、教員養成大学を統括するコミッショナーも来ていました。展示会はもう一日続きますが、私は午後にコロンボに移動しました。

2011年9月15日 (木)

電子黒板

Photo 展示会二日目。今日も盛況です。特に午前中はものすごい混雑です。その中で、印象に残ったのはルワンプラによる電子黒板です。Interactive whiteboard と書いてありますが、タッチパネルになっていて設定によって書く文字の色を変えたり、破線にしたり、とにかく便利そうです。消すのも手でなぞればOK。スリランカにもあるんですね。

2011年9月14日 (水)

行列のできる展示会

Photo 始まりました。ルワンプラ教員養成大学での展示会。州知事を招いての大々的なオープニングセレモニーで開幕しました。来賓の方たちはバンド演奏に率いられての入場です。始まってみると展示室に向かっての長蛇の列。近くの学校から生徒達がどんどんやってきました。考えてみるとこんなにきれいに列を作っているのが驚きです。スリランカも学校現場から少しずつ変わりつつあるのでしょうか。

2011年9月13日 (火)

ICT展示会の準備

It 明日から始まるICTの展示会のためにルワンプラ教員養成大学にやってきました。たくさんの教員養成大学から展示物が出展されていました。ボランティアが入っていた、ハーピティガマ教員養成や、マハウェリ教員養成などからも展示物が出展されていて、全然知らない先生たちともボランティアの話題で話が盛り上がりました。ニルワラの一行が着いたのは夕方だったのですが、夜通しで準備をするようです。一緒についてきましたがとてもついて行けません。

2011年6月 4日 (土)

ルワンプラ教員養成での原爆展

Photo カハワッタにあるルワンプラ教員養成で原爆展が行われました。今回は、定例の原爆展とよさこいに加え、先日発足した合唱部の公演もあり、今までで最も多いボランティアの参加がありました。小さなハプニングはいろいろとありましたが、全体的には成功だったと思います。全プログラムが終了した後、会場の外側に展示していたポスターを学生のみなさんが列を作ってみてくださいました。こんなに熱心にポスターを見てもらったのはこれまでなかったのではないかと思います。一つ気になったのが、司会の方のアナウンスの中に広島に原爆が落とされて、広島の人たちは今も苦しんでいるというような表現があったことです。後遺症に苦しんでいる方も中にはいらっしゃいますが、現在の広島がまだ苦しんでいるという状況には当たらないと思います。立派に復興したのではないでしょうか。そんな誤解を解くためにも原爆展は必要だと思いました。次回は7月9日(土)ゴール、ワラハンドゥワにあるルフナ教員養成での開催予定です。

2010年12月14日 (火)

ルワンプラ教員養成大学

Photo_4  カハワッタにあるルワンプラ教員養成大学を見学しました。2000年にできたそうでまだ10年ということもあり、新しかったです。各教員養成大学にあったITコースはこの学校に集められました。ニルワラ教員養成大学にも以前はITコースがあったのですが、今はなくなりました。ITコースに特化しただけあって、コンピュータがたくさんありました。写真の教室は80台あるそうです。このほかにも30程度がある部屋がいくつかあって、全部で200台はあるのではないでしょうか。学生数が200人ちょっとらしいので、一人一台という計算になります。しかし、インターネットはそれほど速くないのが残念でした。休みで学生はいなかったのですが、教員の子どもが一生懸命コンピュータゲームをしていました。

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク集

無料ブログはココログ