マヒヤンガナ

2010年12月17日 (金)

原住民

Photo_2 スリランカにはシンハラ、タミル、ムスリムの3種類の人たちがいるということになっていますが、そのほかにも原住民族がいます。ウェッダーと言われていますが、これは差別用語なのでワンニラエットと言うようです。その人たちは、マヒヤンガナ近くのダンバーナというところで、昔ながらの生活をしているそうなので見に行きました。博物館などもあり、原住民の人々の生活がまとめられていました。はちみつと、木の実を使って編んだかごが特産品のようでたくさん並べられていました。そのほか、象牙で作ったアクセサリや、機織りなどもありました。想像していたよりもとても小さな集落でした。スリランカのまた新たな一面を見た気がします。

2010年12月16日 (木)

サッカーをするバレーボール隊員

Photo マヒヤンガナの隣にあるギランドゥルコッテにいるバレーボール隊員を訪問しました。とても遠い任地なので、ボランティアで訪問し
たのは初めてだそうです。バレーボール普及のためにがんばっていました。ただ、今回訪問した学校は、3人しか子どもが来ませんでした。子どもたちを本当にやる気にさせるのは難しそうです。ウォーミングアップでは、サッカーをしていました。少ないながらも着ているだけあって、子どもたちは一生懸命練習していました。練習の後半は試合をすることになっているようなのですが、なぜか私も試合に参加することになってしまい、子どもたち3人対おとな2人で試合をしました。汗だくだくでぜいぜい言いながら何とかがんばりました。バレーボール隊員のおかげで勝つことができましたが、相手の子どもたちにもたくさん点をあげることができました。子どもたちは純真でいいですね。

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク集

無料ブログはココログ