ピタベッダラ

2011年3月30日 (水)

学期末試験

Photo 昨日に引き続き、カドゥルワーナジュニア校に行ってきました。今日は学期末試験。もともと、壁のない教室に簡単な仕切りで5学年が勉強していたのですが、その仕切りが取り払われ、5学年が同じ向きに座っています。日本の試験と比べるとゆるい感じで、しゃべったりきょろきょろしたりしても、あまり強く注意されません。受けている生徒たちもなぜか明るく受けています。一日に2~3教科で一週間ぐらい続きます。

2011年3月29日 (火)

小さい学校からのメッセージ

Photo スクールプロファイリング2日目。ほかの先生の都合により、行く学校が変わりました。アクレッサから少し北のピタベッダラにあるカドゥルワーナジュニア校です。ジュニア校ですが、この学校は11年生までありました。ニルワラの学生たちが生徒の身長・体重を測ったり、ピアジェテストをしている間、私は特に評価をする必要もなく、何もすることがないので、空いている教室に行って、日本語を教えたりしました。10年生のクラスの時に津波の話が出たので、日本にメッセージを送らないかと行ったところ、メッセージを書いてくれました。英語が難しいということでシンハラ語で書いてくれました。「地震の後、元気になりますように。私たちスリランカの願いです。」というような意味だと思います。おそらく。前にもリンク貼りましたが、ほかのメッセージはこちらをご覧ください。
 地震から半月が経ちました。原発問題は解決のめどが立たず、ニュースなどを見ると政府の対応などに否定的なものが多いように感じます。その一方で、スリランカのボランティアで日本に一時帰国している方からは、「やっぱり日本はすごい国だなって思います。間違いなく復興すると根拠もなく確信しています。」という言葉が聞けました。私は何もできませんが、私も日本の復興を強く信じています!

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク集

無料ブログはココログ